平成30年2月13日(火)・14日(水)・15日(木)の3日間、旧人吉市役所庁舎を使用し災害実動訓練を実施しました。

この訓練は、より実践的に指揮統制の下、活動方針の決定から各単隊の活動および他隊との連携活動を実施していくことで、各種災害発生時における迅速な対応と、職員の災害活動に対する更なる知識・技術の練磨及び体力の向上を目的とし訓練を行いました。

訓練内容

*地震災害対応訓練 【ブリーチング訓練】

庁舎内のコンクリート壁面の破壊活動を行いました。

切り出し位置を設定し、エンジンカッターにより切断

削岩機によりコンクリート壁を除去し、ハンマーで壁を除去。その後、ミニカッターで鉄筋を除去。

舟形担架による要救助者搬送

 

*火災現場対応訓練

庁舎内から火災が発生し、職員数名が建物内に残っているとの想定で訓練を実施しました。

 

屋内にホース延長し筒先を配備。屋内進入し、屋内を検索後、要救助者を発見・救出。

梯子車による要救助者の救出。梯状放水を行いました。

また、三連梯子を用いて屋内進入及び検索。応急はしご救助を実施。

 

今回の訓練では、想定事案に対する迅速かつ的確な災害対応活動、また、各種資機材取扱の習熟及び各隊間の連携確認などの目標を達成することができました。