これまで災害時において、関係市町村(人吉市、錦町、相良村、五木村、山江村、球磨村)・消防団・当組合間の連絡手段としては、固定電話及び携帯電話等を利用し災害情報を共有してきました。しかし、大規模災害時においては、固定電話や携帯電話は通信が途絶することもあり、また、消防救急デジタル無線は、市町村、消防団と当組合の更新ができないため、災害活動時における連絡手段・情報共有に困難をきたすことが予想されていました。 

 そこで今回、消防本部が導入した「業務用IP無線システム」が、関係市町村にも導入されたことにより、消防関係機関間に新たに統一した通信手段が確保されました。今後は、これまでの通信機器に加え、業務用IP無線システムを活用することにより、関係市町村、消防団及び当組合が災害情報を即時に共有し、災害対応することができることとなりました。