第43回熊本県消防救助技術大会(陸上の部)が5月26日(金)、30日(火)に熊本県消防学校、上益城消防組合及び熊本市東消防署消防局訓練センターにて開催され、日頃の訓練の成果を競い合いました。

当消防組合からは4種目29名が出場し、ロープブリッジ渡過1名、ほふく救出1チーム、ロープブリッジ救出2チームが入賞しました。

ロープブリッジ救出で上位入賞した、宮田隊員チーム(尾方副士長、宮田副士長、髙田副士長、福本消防士)が、6月30日(金)に沖縄県で開催される第46回九州地区消防救助技術指導会へ出場します。

 

また、6月23日(金)にアクアドームくまもとにおいて第43回熊本県消防救助技術大会(水上の部)が開催され、5種目20名が出場し、複合検索2名、溺者救助2チーム、水中検索救助1チームが入賞しました。

当消防本部から全国大会への出場は果たせませんでしたが、大会を通じて磨き上げた技術・体力・精神力を今後の訓練等に活かし、地域住民の安心安全に努めてまいります。