新 中タンク車

中タンク車を新規配備しました。平成30年1月運用開始

 

 

 

 

 

 

3tシャーシのショートタイプで積載水は800㍑。

「圧縮空気泡消火装置(CAFS)」を搭載しており、CAFS使用時は

少量の水と薬剤及び空気を混合し放水することで高い消火性能を発揮する消防車です。


 

 

 

 

 

新 3号車(水Ⅰ-B)

3号車を新規配備しました。平成30年2月運用開始。

 

 

 

 

 

フォームプロ(自動泡混合システム)を搭載し、A・B両火災に対応できます。

また、ホイールベースをカットし、ノーマルルーフで車高も抑えたため、

狭隘地区への進入も可能となりました。

管内に高速道路を有している為、水槽容量は1,500ℓ。


 

 

 

 

当消防本部が近年導入した車両は、再帰性に富んだ反射材を貼付しています。