テレビや新聞等でも「熱中症」という言葉を目にする機会が増えてきました。

当本部管内でも既に、熱中症による救急搬送が5月19日現在で2件発生しています。

 

熱中症の予防には、「水分補給」が大切です!

喉の渇きを感じる前に、こまめな水分補給を行いましょう!

室内では、扇風機やエアコンを適切に使ったり、すだれやカーテンで直射日光を防ぐなどして、涼しく過ごす工夫をしましょう!

特に高齢者の方は、暑さを感じにくく、室内でも熱中症になることもありますので、十分注意しましょう!

また、「暑さを避けること」も予防の一つです。

涼しい服装を心がけ、日陰を選んで歩いたり、日傘をさしたり、帽子をかぶるなどして、熱中症を予防しましょう!